ネイルサロン「ネイルR」東京都・神奈川県/複数

業種
ネイルサロン
サロン名
ネイルR
所在地
東京都・神奈川県調布市、多摩市、仙川店、麻生区(神奈川県)
スタッフ数
12名
サロン見学
要相談
ホームページ
http://nail-r.art.coocan.jp/

サロンの取り組み

由雄オーナーのネイルとの出会い

Q:「まずは由雄さんの生い立ちとネイルとの出会いを教えてください」
image2金沢生まれで事業家の父のおかげで裕福な家庭でしたが、上京し東京で出版会社に勤めている24歳の時、父の会社が危ういということで父の応援で帰郷。
しかし、再建はできなかったのですが、その時感じたのが、「世の中金だ」と(笑

 

 

 

ネイルとの出会い
お金が全てと思い、お金を扱う証券会社へ再就職して働いていたところ、ネイリストの友人からサロンをオープンしたいので、経営実務を手伝って欲しいと相談を受けたのがきっかけです。

それまではあまりネイルの事を知ろうと思っていなかったのですが、2008年ごろからジェルネイルが台頭してきて、これは広めなければいけない、という使命感が芽生えました。
そのころから、法人化にして、スタッフを雇い始め、今に至るのですが、順調にお客様もスタッフも増えてきたのですが、他のサロンさんと同じような悩みを抱えていました。

人間力にフォーカス

証券会社に入った理由の一つとしては、「お金が全て」という理由でしたが、そのころの恩師が真逆の人生を進まれていて、大きく影響を受けました。
…とは言っても「お金でしょ」という気持ちが正直、抜けていなかったのです。←つい最近まで抜けていませんでした(笑

法人化し、いろいろな悩みや問題を抱えながら、様々な本やセミナーや人と出逢って、学んでいきましたが、それらのヒントは直ぐには解決にはつながりませんでした。
長い年月の試行錯誤の上、点と点が線となり、すべてがつながっていったという感じです。

その答えは「人間力」です。

Q:「サロン経営で大切なことはどんなことだと思われますか?」
image3当社での教育は徹底的に行います。
かつては経験者を採用していましたが、ここ数年は新卒又は経験1年未満の人材を採用しています。
新卒を採用となると、会社にとって体力も必要ですが、真っ白なキャンパスであることは、とても魅力です。

理念(アワーパス)

会社の理念はかつてはありませんでしたが、いろいろな事を学んでいく上で、2010年に制定しました。
「価格が高くなっても、満足を求めるお客様に私たちの人間力により、感動を幸せを与えることです」
理念の基はスタッフに絞りだしてもらい、最後は私はまとめたものです。

当社では理念の事をOur Pathと呼びます。Pathは踏みならして作る道で、絶えず歩かないと無くなってしまうという意味からつけています。
この理念の制定後、会社はもちろんスタッフの目的や目標も明確になっていきました。

特に、スタッフ定着率がなかなか落ち着かなかったのですが、制定後以降、長く働いていただけるスタッフに恵まれています。
理念は強い想いからなるもので、その思う意識はとてもパワーを持つものと信じています。

教育

image4当社ではネイルR 20の行動指針というものを設定しています。
例えば、挨拶練習。
毎朝、窓ガラスが割れんばかりの声で、挨拶練習をします。
知らない人が見ると、ちょっとびっくりされますが、これには意味があります。
とても大きな声で挨拶をすること、自然と素直になっていくのです。

当社のスタッフはとても素直だと自信を持って言えるのは、このおかげだと思っています。
入社してからは最初は誰も素直ですが、だんだんと素直さがなくなってしまいますが、これを行うことで驚くほど改善されます。

image8また、本を読むことです。
サロンにはルクプ文庫といって、私のお勧め図書やDVDが置いてあり、みんなで回し読みをします。
本は主人公や作者の追体験ができるので、気遣いや気配りができるようになり、お客様にしっかり寄り添うことができるようになるのです。
このように、20の項目を全スタッフで学び実践してます。

 

 

お客様のコストを考える

お客様はできるだけストレスを避けたいと思うものです。そのストレスはコストと言い、ストレスを軽減した分は価格に上乗せできると考えています。
個室を用意する、保育スペースを用意する、傘を用意するなどお客様にとってはコストなんですね。

でも、アフタードリンクでどこでも飲めるようなお茶を出していたら、特に上質なお客様こう思うでしょう。
「こんなの出すくらいなら、料金下げてよ」と。
どうせお出しするなら、なかなか手に入らないお茶を出すとか、お客様に手間を省いてさしあげるようなものが良いと思います。
これをサロンの付加価値を考えようと、考えると普通のお茶となってしまうので、お客様のコストは何か?という視点で考えるようにしています。

スタッフのモチベーション

このモチベーションがサロンの方向を大きく左右します。
image61.意識付け
何の為に仕事をしていますか?という質問にお金や生活の為。と回答されてくるようでが、モチベーションがお金になってしまいますよね。
ここをしっかりあぶり出し、どういう意識で仕事をしているか?を徹底的に考えさせ、「使命」というレベルにまで持っていきます。

例えば、パンフレットの補充でも、「当店を見つけてお客様に感動と幸せを体験してもらう為」という意味づけをしっかりすることで、やる気が全然違ったものになります。
こういったルーチン作業が疎かになっている場合は、単なる作業になっている可能性がありますよね。
そういう観点から見ると、パンフレット補充もとても重要な作業となるので、補充してきたらたくさん褒めます。「すごい大事な仕事だよね」と。

2.夢の実現を応援image7
ネイル業だから土日は絶対休んではいけない。というのがかつての私の考えでした。
しかし、2014年ころから「自分の価値観の押しつけ」でしかないと、気付いたのです。

土日しか遊べない友達や土日しかやらないコンサートもあるでしょう。
そういうスタッフの日常の見えない希望を自分の勝手な価値観で押さえつけていたんですね。
それ以来、スクールをやりたいというスタッフの希望を叶えたり、今度産休から返ってくるスタッフの為の保育スペース付のサロンをオープンさせたりと、一つ一つ応援をしていっています。

これらのスタッフへの想いをしっかり形にしていくことで、モチベーションを高く保つことができます。
私のスタッフへの想いは「物心ともに豊かになってもらう」ことです。
スタッフはもちろん会社も私も共に成長していきます。

施術単価11,000円
施術単価8000円でしたが、スタッフ、お客様、そして会社の事を考え、単価UPの決断をしました。
1,000円づつ目標を決め、上げて行ったのですが現在は3,000円アップして11,000円です。

image5その結果、当時の1/3のお客様は離れていってしまいましたが、今ではその価格帯のお客様で連日にぎわっています。
ただ単に単価アップだけではいけませんので、そのアップした分は人間力という価値の代金だと思っております。
「ここは高いのよねぇ」と言いながら通っていただいているお客様には「そうなんです、当サロンは人間力が高いので価格も高いんですよ」と言えるくらいになっています。

この価格帯にすると、もうライバルはこのエリアではいないんです。
価格の心配をしなくてもよくなり、いかにお客様に満足いただけるか?を考えれば良いことになります。
するとますます、スタッフの人間力・価値観を磨いていかなくてはなりませんが、そうすることで「物心ともに豊かになる」と信じています。

お勧め図書

国家の品格(藤原正彦著)
日本でいちばん大切にしたい会社(坂本光司著)
修身教授録(森信三著)

編集後記

東京及び神奈川のベットタウンエリアに4店舗を構えるネイルRさん。
各エリアも高い意識のお客さまをターゲットにし、施術単価11,000円をキープしています。
もちろん、周辺には数多くのネイルサロンがある中、ダントツの客単価を誇っています。
今回は4店舗のうちの神奈川県の新百合ヶ丘店にお伺いしてきました。

ネイルRを率いる、背筋もまっすぐですが、心もまっすぐな由雄さん(株式会社RCP代表取締役)。
そのマインドをくみ取っているスタッフさんは、みなさんとても気持ちの良い方々でした。
インタビュー中の質問もしっかりした回答をいただけますし、しっかり教えが行き渡っているなぁと感じました。

マナー教育に関しては、サロンの中だけでなく、普段の生活にも及びます。
歩きスマホ禁止、シルバーシートは空いていても座ってはいけない、数人で道を歩くときは2例以下など、今では学校や家庭でも教えてくれないような躾を行っています。

入社4年目の清水副店長はかつて同級生のネイリストに会った際、教育のレベルの差をとても感じたそうです。
つい最近まで、社内のノウハウはコンサルをしているサロン以外への公開はしたくない、と思っていた由雄さん。
業界に対して貢献できるならと、今ではセミナー活動でも惜しみなくノウハウ公開をされています。

客単価が伸びない、価格競争に疲れたというサロンオーナーさんは、一度コンサルを受けてみてはいかがでしょう。
(2015.11.5)

Links / おすすめリンク